ホーム > 健康・福祉 > お知らせ > 新型コロナウイルス感染症の療養終了後に陰性確認は必要ありません

新型コロナウイルス感染症の療養終了後に陰性確認は必要ありません

 新型コロナウイルスは、発症日から7日~10日程度経過すると、感染性が極めて低くなるという特徴があります。下記リーフレットに記載されている【解除基準】を満たし、保健所や医療機関の医師から療養終了と判断された方は、PCR検査等で陰性を確認しなくても職場復帰・登校再開ができます。

 また、療養終了後も嗅覚障害・呼吸困難・倦怠感など症状が続く場合があります。困ったこと、心配なことがありましたら滝川保健所または北海道コロナウイルス感染症健康相談センターまでご相談下さい。

相談窓口

 ・滝川保健所 ☎0125-24-6201(平日8時45分~17時30分)
 ・北海道コロナウイルス感染症健康相談センター ☎0120-501-507(24時間相談窓口)
 ・北海道ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

 


【事業者のみなさまへ】


【学校関係者のみなさまへ】



【療養終了後も続く症状(後遺症)について】
 

お問い合わせ先

砂川市 保健福祉部 ふれあいセンター 保健予防係
〒073-0166 北海道砂川市西6条北6丁目1-1
TEL 0125-52-2000 FAX 0125-52-2114
お問い合わせフォーム

お知らせ

情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから