ホーム > 健康・福祉 > お知らせ > 【重要】新型コロナウイルス感染症 冬期間における感染拡大防止に向けて

【重要】新型コロナウイルス感染症 冬期間における感染拡大防止に向けて

  寒い日が続き屋内における活動も増える中、北海道内で感染力が極めて高いオミクロン株が確認されました。また、北海道を含め、全国で新規感染者が増加していることから、北海道は、冬期間における感染拡大防止に向けて、改めて、基本的な感染防止行動の実践を呼びかけていくこととしました。
 市民の皆様におかれましても、引き続き、感染の拡大防止に向けた対策を実践していただくとともに、次の対策の実施にご協力をお願いします。

冬期間における感染拡大防止に向けて

道民および道内に滞在している皆様へ

・「三つの密(密閉・密集・密接」の回避や、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手指消毒」、をはじめとした基本的な感染防止の実践をお願いします。
※特に「換気」など屋内での感染防止行動の実践をお願いします。

・症状のある方、いつもと体調が違うと感じた方は、外出や移動を控え、かかりつけ医や診療・検査医療機関を受診してください。

・ワクチン接種の有無にかかわらず、オミクロン株の感染拡大により、感染に不安を感じる無症状の方は検査を受けてください。(令和4年1月8日~2月7日)

特に外出の際は

・混雑している場所はできるだけ避けてください。

・普段会わない方と会う際は、より一層感染防止行動の実践をお願いします。

・まん延防止等重点措置の対象県(※)への不要不急の移動は極力控えてください。
※広島県、山口県、沖縄県

特に飲食の際は

・新年会などの際は、北海道飲食店感染防止対策認証店など、感染防止を徹底している飲食店等を選び、短時間で、深酒をせず、大声を出さず、会話の時はマスクを着用するなど、感染リスクを回避してください。
※特に、大人数や普段会わない方との飲食の際は、より一層注意しましょう。

冬期間における感染拡大防止に向けてPDFファイル(305KB)

ワクチン接種後も感染防止行動の継続をPDFファイル(1953KB)

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

砂川市 保健福祉部 ふれあいセンター
〒073-0166 北海道砂川市西6条北6丁目1-1
TEL 0125-52-2000 FAX 0125-52-2114
お問い合わせフォーム

お知らせ

情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから