ホーム > 産業情報 > 商工 > 中小企業等に対する支援について

中小企業等に対する支援について

中小企業等に対する制度融資について

市では砂川市中小企業等振興条例に基づき、経営の近代化、経営者および従業員の経済的地位の向上と自主的な努力の助長を図り、もって中小企業者等の健全な発展と市勢の伸展に寄与することを目的として制度融資を行っています。

融資区分

  1. 運転資金 事業の振興および経営の安定化に要する資金
  2. 設備資金 施設の適正配置および流通の近代化に要する資金

融資対象

制度融資を利用するには以下の条件があります。

  1. 本市において1年以上の営業実績があること

※ただし、個人事業主が法人格を取得した場合または中小企業者等が会社法(平成17年法律第86号)第2条26号に規定する組織変更を行った場合に代表者が同一であり、実質的に同一事業の継続であると認められるときは、その営業実績を通算するものとします。また、同一の代表者による同一事業の事業承継も同様の扱いとします。

  1. 信用保証協会の保証業種対象であること
  2. 市税を完納していること

融資条件(平成26年4月1日~)

融資の用途別資金限度額、償還期限および融資利率
資金 限度額 償還期限 融資利率
運転資金 100万円未満 1年以内 長期プライムレートと同じ
100万円以上~300万円未満 3年以内
300万円以上~500万円以内 7年以内
設備資金 500万円未満 5年以内
500万円以上~1,000万円未満 7年以内(6か月の据え置き期間含む)
1,000万円以上~3,000万円以内 10年以内(6か月の据え置き期間含む)
15年以内(6か月の据え置き期間含む) 長期プライムレート+0.3%
  1. 市が処分する事業用地
  2. 砂川市土地開発公社が処分する事業用地
  3. 自己の所有する用地に隣接する事業拡張用地
  4. 自己の所有する事業用建造物が建設されている用地

保証料・利子補給

融資制度利用者に対しては、下記のとおり保証料と利息の一部を市から補助します。

運転資金貸付

設備資金貸付

取引金融機関

北洋銀行、北海道銀行、北門信用金庫、空知商工信用組合の各砂川支店

中小企業者等に対するその他の融資・保証制度について

また、市で行っている制度融資だけではなく、北海道で行っている制度融資および、業況の悪化している業種に属する中小企業者を支援するための措置として、中小企業信用保険法に基づく国のセーフティネット保証(5号)制度もあります。

セーフティネット保証(5号)認定申請書ワードファイル(115KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

中小企業者等に対する助成措置について

市では砂川市中小企業等振興条例に基づき、経営の近代化、経営者および従業員の経済的地位の向上と自主的な努力の助長を図り、もって中小企業者等の健全な発展と市勢の伸展に寄与することを目的として各種の助成を実施しています。

助成の種類

  1. 共同化事業に対する助成
  2. 商店街環境整備事業に対する助成
  3. 商店街店舗整備事業に対する助成
  4. 商店街活性化事業に対する助成
  5. 創業者の販路拡大および売上拡大事業に対する助成
  6. 地場産品の研究および新製品の開発事業に対する助成
  7. 人材の育成事業に対する助成

助成の内容

1  共同化事業に対する助成

  1. 中小企業団体が生産、加工、販売、購買、保管、運送、検査、福利厚生又は教育情報など組合員の事業に関する共同施設を設置したとき。
  2. 中小企業団体又は3以上の中小企業者等が、都市計画法(昭和43年法律第100号)第8条に規定する商業地域および近隣商業地域(以下「商業地域等」という。)で、小売商業店舗共同化のための施設を設置したとき。
    (注)助成金の額施設の設置費のうち市長が認めた額の100分の30以内とし、その限度額は1が3,000万円、2は1億円とする。  

2 商店街環境整備事業に対する助成

中小企業団体又は市長が特に認めた商店街団体が公益性の高い環境施設を設置したとき、施設の設置費のうち市長が認めた額の100分の50以内の助成を行う。その限度額は5,000万円とする。

3 商店街店舗整備事業に対する助成

下記のいずれかに該当し、所定の要件を満たした際に助成を行う。

  1. 小売商業店舗等の新築等をしたとき。
  2. 空き建築物を購入又は賃貸借等をし、小売商業店舗等を開店したとき。
  3. 景観形成を図るため地域協定に基づいて建築物又は構築物を整備したとき。

(注)助成金の額

  1. その店舗の設置費のうち市長が認めた額の100分の10以内とし、その限度額は500万円とする。
  2. 店内改装費 店舗の店内改装に要した費用の100分の30以内とし、その限度額は200万円とする。賃借料契約に基づく店舗の賃借料の100分の70以内とし、その限度額は月額10万円とする。この場合において、助成期間は開店日の属する月から起算して12か月を限度とする。
    (注)新たに起業する場合の特例として、開店から1か月毎に賃借料を助成する。それ以外については、12か月間営業継続後、12か月分の賃借料を助成する。
  3. 地域協定に基づき整備した費用の100分の50以内とし、その限度額は100万円とする。
    チラシ(1062KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

    募集要項PDFファイル(851KB)

4 商店街活性化事業に対する助成

中小企業者等又は市長が特に必要と認めた商店街団体が、下記の事業を行ったときに助成を行う。

  1. 中小企業団体を組織化する事業
  2. 商店街の活性化を図るための調査・研究活動事業
  3. 地域住民とのふれあいを深める活性化事業

 助成金の内容は、下記のとおりとする。

5 創業者の販路拡大および売上拡大事業に対する助成

商工会議所主催の創業セミナーを全分野(経営、財務、販路拡大、人材育成)受講し特定創業支援事業の証明を受けた者が、創業後5年未満であり、かつ、経営計画に基づき販路拡大および売上拡大のための事業を行うときに助成を行う。助成の範囲は、事業に要した費用の100分の70以内とし、その限度額は30万円とする。

sogyohojo(881KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

募集要項PDFファイル(837KB)

※詳しくは、創業セミナーの開催についてをご覧ください。

6 地場産品の研究および新製品の開発事業に対する助成

農林水産物を原料とした地場産業製品の開発、優良土産品の開発、その他市長が認める新製品の開発を行う場合、対象事業に要した費用の100分の50以内の補助を行う(限度額50万円)。

7 人材の育成事業に対する助成

中小企業者等およびその従業員が、中小企業大学校(独立行政法人中小企業基盤整備機構のホームページへリンク)このリンクは別ウィンドウで開きますにおいて、市長が必要と認めた講座を受講研修する際、受講料の全額を助成する。受講に際して、中小企業大学校に関するお知らせをご覧ください。

大学校補助金PDFファイル(681KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

砂川市 経済部 商工労働観光課 商工振興係〔2階 24番窓口〕
〒073-0195 北海道砂川市西7条北2丁目1-1
TEL 0125-74-8382 FAX 0125-54-2568
お問い合わせフォーム


情報を探す

  • 目的から
  • 組織から
  • 施設から
  • カレンダーから